エネルギー
 

【Honda Meeting 2012】ホンダ、DCTとHEVを組み合わせ、さらに駆動力の配分でヨーを制御する4輪駆動システムを公開

浜田 基彦=日経Automotive Technology
2012/11/13 09:55
印刷用ページ
 ホンダは2012年11月9日から同社の栃木プルービンググラウンドで開かれた「Honda Meeting 2012」で前にV型6気筒と7速DCTと30kW以上のモータ1個を置き、後ろに左右の軸を20kW以上のモータ2個で別々に駆動するHEVシステム「SH-AWDシステム」を公開した。2013年初頭に、全米で発売を予定している「RLX(「レジェンド」の後継車種)」の4輪駆動車に採用する。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング