家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

どこまで人間に似るか? 大阪大学 石黒研が各種アンドロイドを公開

野澤 哲生=日経エレクトロニクス
2012/11/12 18:51
印刷用ページ
石黒氏をモデルにした「ジェミノイド」。時折、まばたきや首を傾げるしぐさをするため、生きているように見える。
石黒氏をモデルにした「ジェミノイド」。時折、まばたきや首を傾げるしぐさをするため、生きているように見える。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
同上
同上
[クリックすると拡大した画像が開きます]
大阪高島屋での「対談」。本物の石黒氏(左)と、ジェミノイドFの「ミナミちゃん」(中央)、現代美術家のやなぎみわ氏(右)。
大阪高島屋での「対談」。本物の石黒氏(左)と、ジェミノイドFの「ミナミちゃん」(中央)、現代美術家のやなぎみわ氏(右)。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
ミナミちゃん。年齢は26歳、大阪府出身だそう。
ミナミちゃん。年齢は26歳、大阪府出身だそう。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
テレノイド。内部に実装したカメラやマイク、スピーカーを介して、離れた人と会話できる。
テレノイド。内部に実装したカメラやマイク、スピーカーを介して、離れた人と会話できる。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
テレノイドを抱く石黒研のスタッフ
テレノイドを抱く石黒研のスタッフ
[クリックすると拡大した画像が開きます]
人型ケータイを目指す「エルフォイド」の筐体。
人型ケータイを目指す「エルフォイド」の筐体。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
ぬいぐるみの「ハグビー」
ぬいぐるみの「ハグビー」
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 大阪大学 教授でATRフェローでもある石黒浩氏は、2012年11月8~9日に開催された「ATRオープンハウス」で、研究開発中の各種アンドロイド(人形ロボット)を公開した。さらに、同年11月13日まで、大阪高島屋で「ジェミノイドF」と呼ぶ女性型アンドロイドを展示している(展示開始は11月2日)。

 石黒氏が、石黒氏自身をモデルとしたアンドロイド「ジェミノイド」を開発したのは2006年。その後、ジェミノイドFも開発した。「人間に似せることを追求することで、逆に人間らしさとは何かが分かる」(石黒研究室のメンバー)という立場での開発だった。

 ただし、単に人間に似せるということだけが狙いではなく、将来的には「自分の分身」として使うことを目指した開発でもある。分身が経験したことはすべて、本人の感覚になることを目指しているため、人工知能や音声認識などを開発のポイントにはしていない。ジェミノイドに話しかけると、アンドロイドの近くに設置されたカメラやスピーカーを介して、離れた場所にいる人間が話をする。アンドロイドはその話に合わせて口を開く。カメラは実際に話をする人にも向けられており、人が首を傾けるとそれを画像認識で把握し、アンドロイドの首を傾ける。「我々がこれを『アバター』と呼ばないのは、アンドロイドが仮想現実ではなく実在するもので、手で触れることが重要だと考えているから」(石黒研究室)。

 一方、実在の女性をモデルにしたジェミノイドFでは自律性を高めるため、内蔵のプログラムで動作を自動制御し、事前に録音した内容を話すようにした。ちなみにジェミノイドFの職業は「大阪を中心に活躍する歌手&モデル&女優」。実際、いくつかの演劇に出演したほか、2012年2月には新宿タカシマヤで一般公開された。新宿タカシマヤでの公開は、動くマネキンという位置付けで、アクリル板の仕切りに囲われていたが、今回の大阪高島屋での一般公開では「ミナミちゃん」という名前が付いた上に仕切りはなく、タッチ・パネルを介してさまざまな質問ができる状態にした。

 2012年11月10日、石黒氏は大阪高島屋の展示会場で、ミナミちゃんや現代美術作家のやなぎみわ氏と「対談」した。「ジェミノイドFを作ろうとした当初、30人ほどの人の顔の平均をとる方法で顔を作ったらあまり人間らしくならなかった。そのため、一人の女性に瓜二つになるように顔を作った。何が人間らしさになっているのかまだ分かっていない」(石黒氏)と述べた。

 石黒氏の研究室は、人間に瓜二つになるように製作したアンドロイドの他に、余計な見かけをできるだけ捨象し、人間らしさのエッセンスだけを残す目的で製作した赤ん坊型アンドロイド「テレノイド(Telenoid)」。さらには、テレノイドをさらに小型化し、テレビ電話機能付きの携帯電話機として使えるようにした「エルフォイド(ELFOID)」、さらには、単に抱くだけのぬいぐるみ「ハグビー」(一部は心拍機能あり)、などを開発した。

 テレノイドは、耳の部分のマイク、そして胸にスピーカーを埋め込み、電源も内蔵することで完全にワイヤレスになり、抱きかかえることができる。「デンマークでは、高齢者を癒す方法を調べる国家プロジェクトの一環として、200台のテレノイドが使われている」(石黒研究室)。

 エルフォイドは、手のひら大で、Bluetoothの通信モジュールを実装してあり、携帯電話機のBluetooth対応ヘッドセットの代わりとして利用できる。現在、このエルフォイドにカメラを組み込んで画像認識機能を実現する研究や、表情を色で表現する研究をしているという。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング