家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【iPad mini分解1】前回の経験を生かし、難なく分解に成功

日経エレクトロニクス分解班
2012/11/12 18:30
印刷用ページ
図1 「iPad mini」(左)と「iPad」(第3世代品、右)の比較
図1 「iPad mini」(左)と「iPad」(第3世代品、右)の比較
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図2 iPad mini(左)とiPad(第3世代品、右)の高さの比較
図2 iPad mini(左)とiPad(第3世代品、右)の高さの比較
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図3 今回もヒートガンを使用
図3 今回もヒートガンを使用
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図4 ヘラで粘着テープを剥がしていく
図4 ヘラで粘着テープを剥がしていく
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図5 難なくカバー・ガラスを取り外しに成功
図5 難なくカバー・ガラスを取り外しに成功
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 米Apple社が2012年11月2日に発売した、新型タブレット端末「iPad mini」(Tech-On!の関連記事)。最大の特徴は、「片手で持てる」(同社)という小型軽量化を実現したことだ。外形寸法は200mm×134.7mm×7.2mm、重さはWi-Fiモデルが308gである(Wi-Fi+Cellularモデルが312g)。Retina Displayを搭載した第3世代「iPad」と比べると、ひと回り小さいことがわかる。

 Apple製品が大好物な日経エレクトロニクス分解班は、発売日にiPad mini(Wi-Fiモデル、16Gバイト品)を入手した。もちろん分解しApple社の設計思想を探るためだ。発売日から10日遅れになるが、本日からTech-On!上で分解の模様をお伝えしたい。なお、詳細記事は、日経エレクトロニクスの2012年11月26日号で掲載予定である他、2012年12月5日には「iPad mini & Nexus 7 分解/解析セミナー&部品撮影会 内部構造から小型タブレット競争の勝者を探る」と題したセミナーを開催予定である(概要はこちら)。

今回もヒートガンとヘラが活躍

 前置きが長くなったが、分解の模様を紹介させていただく。Aplle社製品の分解で最もハードルが高いのが、筐体前面カバーの取り外しだ。「iPhone」と「iPad」シリーズ共に、これまで分解班は苦戦することが多かった。

 だが、前回の「新しいiPad」(第3世代品)の分解時に、我々は強力な武器を手に入れていた。ヒートガン(工業用熱風加工機)とカーボン樹脂製のヘラである(Tech-On!の関連記事)。これらを用いて、両面テープで接着されているタッチ・パネル付きのカバー・ガラスを剥がしていく。

 新しいiPad同様、まずはiPad miniの角の周囲を、ヒートガンを熱しながらマイナスドライバで隙間を設ける。この隙間にヘラを差し込んで、カバー・ガラスを少しずつ温めながら両面テープを剥がしていくことで、難なく取り外しに成功した。

 カバー・ガラスを剥がし、中身をさらに覗いていく(その2に続く)。

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング