ディスプレー パネルの製造装置・部品から応用先までカバー
 

【FPDI 2012】1000元スマホが牽引する中国スマートフォン市場

北原 洋明=テック・アンド・ビズ
2012/11/09 14:51
印刷用ページ

 「FPD International 2012」の2日目、2012年11月1日の午前に筆者が座長を担当した特別セッション「台頭する中国のスマートフォン ~『1000元スマホ』に熱い視線~」(同時開催された「Mobile Technology 2012」との合同セッション)では、中国、台湾からの3人の講師が、中国のスマートフォン市場の現状とセット・メーカーの戦略を語った。

中国における携帯電話市場の情勢変化

 最初に登壇したGfK CHINA、Telecom Senior Research ManagerのKyle Sun氏は、まず2012年の中国におけるスマートフォン市場は、成長率が110%(世界全体では55%)の見込みであり、2億9800万台の大きな市場であることを紹介した。そして、そこには563社のブランド会社が存在し、年間1500機種にのぼる製品が投入されるという。2012年にはスマートフォンが全携帯端末の半数を超え、63%に達すると見込んでいる。

 米Google社のソフトウエア基盤「Android」をベースとした中国国内ブランド会社が急速にシェアを伸ばしており、2012年には合計で64%に達する見込みである。販売方法は、これまではオープン・マーケットで売られる製品が多かったが、通信事業者経由での販売が徐々に増え、2013年には50%を超える見込みである。

 2012年の平均販売価格帯は1792人民元だが、“スーパーローエンド品”では800人民元以下、中には699人民元の製品も出てきており、市場全体の10%程度を占めている。この価格帯の市場成長率は316%(対2011年比)に達しており、これがフィーチャーフォンからスマートフォンへの移行に拍車をかけているという。さらに販売価格帯を詳しく見ると、800~1500人民元の価格帯が約50%を占める一方で、3500人民元以上のハイエンド品も14%を占め、成長率も61%と比較的大きな伸びを示している。

 海外製品では、以下の3ブランドが存在感を示している。韓国Samsung Electronics社の製品は、2000人民元前後でありながら20%強のシェアを持ち、フィンランドNOKIA社が13%前後のシェアで続いている。米Apple社の「iPhone 4」は、5000人民元弱と高価ではあるが5%弱のシェアを持っており、「iPhone 5」が販売されればシェアはさらに伸びるだろうと見られている。高性能機のインターネット限定販売で注目を浴びた「小米」は、2000人民元強の価格でありながら一定のシェアを獲っている。中国ではインターネット販売も重要な販売ルートであり、市場の10%強を占めるが、小米以外に大きな成功を収めたところはまだない。

 製品のトレンドとしては、大画面を求める傾向が強く、4型以上の画面サイズ品が既に40%を超えている。一方、高精細化に関しては中国では訴求効果は無く、大きな画面の製品を持つことがステータス・シンボルになっているという。そこには、まだ十分なアプリケーションがなく、文字表示を中心とした使い方がまだメインである、という事情もあるようだ。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング