• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 【FPDI 2012】旭硝子ブースでは、自分の「手」でガラスの性能を確認可能

【FPDI 2012】旭硝子ブースでは、自分の「手」でガラスの性能を確認可能

  • 野安 ゆきお=フリーライター
  • 2012/11/09 12:31
  • 1/1ページ
 先週開催された「FPD International」(2012年10月31日~11月2日、パシフィコ横浜)の展示会場で、自分の手で色々な実験をしてみたい人の注目を集めていたのが旭硝子ブース。ここでは各種のガラスが出展されていたが、その中で最も多くの人が注目していた「スマートウィンドウ」と「Dragontrail」を紹介する。
【技術者塾】(7/15開催)
ディスプレーに革新をもたらす「量子ドット」の最新動向


ディスプレーへの応用で注目を集める量子ドット(QD)。QDビジネスに関わる各社の技術の内容や事業戦略、そして、ディスプレーが目指す新たな色の世界と産業の方向について、最新の情報を詳細に解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月15日
会場 : Learning Square新橋 6F(東京・新橋)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓