• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > Qi規格のロゴ認証が日本で可能に、UL Japanがサービス開始

Qi規格のロゴ認証が日本で可能に、UL Japanがサービス開始

  • 久米 秀尚=日経エレクトロニクス
  • 2012/11/08 23:24
  • 1/1ページ
図1 横輪EMC試験所の様子。左が受電側の試験装置で、右が送電側の試験装置である。
図1 横輪EMC試験所の様子。左が受電側の試験装置で、右が送電側の試験装置である。
[画像のクリックで拡大表示]

 製品の安全試験や認証試験を手掛ける米UL社の日本法人UL Japanは、ワイヤレス給電規格「Qi(チー)」のロゴ認証サービスを開始したと発表した。認定を受けたのは、三重県伊勢市の横輪EMC試験所である(図1)。

 Qi規格は業界団体のWPC(Wireless Power Consortium)が策定している。2012年7月の時点で、「既に100を超える製品がQiロゴ認証を取得している」(WPC)という。Qiのロゴを製品に表示するためには、認定試験所で試験が必要となる。

 今回UL Japanは、WPCからQiロゴの第三者認証機関として日本で初めて認定を受けた。UL社としても、Qiのロゴ認証サービスを開始するのは日本が初めてである。

 なお、日本から一番近い第三者認証機関としてはこれまで、フィンランドTUV Rheinlandが台湾に構える試験場があった。同社は、台湾でのQiロゴ認証サービスを2011年7月に開始している。

【技術者塾】(10/24開催)
不具合の未然防止に役立つ 組み込みソフトのモデリング

ソフトウエア技術者の設計力向上の勘所


ソフトウエア設計図(モデル)の具体例を紹介しながら基礎を解説します。「静的構造図」や「動的構造図」などを演習を通して作成。ソフトウエア技術者の設計力を高め、もっと速く楽に開発することを目指します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年10月24日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ