• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > Qi規格のロゴ認証が日本で可能に、UL Japanがサービス開始

Qi規格のロゴ認証が日本で可能に、UL Japanがサービス開始

  • 久米 秀尚=日経エレクトロニクス
  • 2012/11/08 23:24
  • 1/1ページ
図1 横輪EMC試験所の様子。左が受電側の試験装置で、右が送電側の試験装置である。
図1 横輪EMC試験所の様子。左が受電側の試験装置で、右が送電側の試験装置である。
[画像のクリックで拡大表示]

 製品の安全試験や認証試験を手掛ける米UL社の日本法人UL Japanは、ワイヤレス給電規格「Qi(チー)」のロゴ認証サービスを開始したと発表した。認定を受けたのは、三重県伊勢市の横輪EMC試験所である(図1)。

 Qi規格は業界団体のWPC(Wireless Power Consortium)が策定している。2012年7月の時点で、「既に100を超える製品がQiロゴ認証を取得している」(WPC)という。Qiのロゴを製品に表示するためには、認定試験所で試験が必要となる。

 今回UL Japanは、WPCからQiロゴの第三者認証機関として日本で初めて認定を受けた。UL社としても、Qiのロゴ認証サービスを開始するのは日本が初めてである。

 なお、日本から一番近い第三者認証機関としてはこれまで、フィンランドTUV Rheinlandが台湾に構える試験場があった。同社は、台湾でのQiロゴ認証サービスを2011年7月に開始している。

【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓