• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > シャープが100℃動作対応の赤外半導体レーザ、ジェスチャー入力用距離センサへの搭載を目指す

シャープが100℃動作対応の赤外半導体レーザ、ジェスチャー入力用距離センサへの搭載を目指す

  • 佐伯 真也=日経エレクトロニクス
  • 2012/11/08 15:23
  • 1/1ページ
 シャープは、動作温度が最高100℃と高い赤外半導体レーザを開発した。ジェスチャー入力に用いられる距離センサに向けたもの。直径が5.6mmに加えて3.3mmのCANパッケージ品を用意する。「高温動作と小型という特徴を生かし、ゲーム機やスマートテレビだけでなく、スマートフォンやタブレット端末などのモバイル機器や車載機器への搭載を目指す」(シャープ 電子デバイス事業本部 ライティングデバイス事業部 第一開発部 参事の松本晃広氏)考えだ。
【技術者塾】
「決定版! アナログ回路技術者に必須のオペアンプを完全理解」(2016年6月23日(木))


オペアンプを基礎から十分に理解できていなければ、アナログ回路を設計したり応用したりすることはできません。本講座では、オペアンプの役割から詳細設計、実際に使用されているオペアンプの応用までを1日でマスターします。詳細は、こちら
日時:2016年6月23日(木)10:00~17:00
会場:化学会館(東京・御茶ノ水)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ