• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり産業機器/部材 > 【JIMTOF2012】台湾パビリオン、加工精度の高いワイヤ放電加工機や低騒音のボールねじなど出品

【JIMTOF2012】台湾パビリオン、加工精度の高いワイヤ放電加工機や低騒音のボールねじなど出品

  • 富岡 恒憲=Tech-On!編集
  • 2012/11/06 18:23
  • 1/3ページ

 「第26回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2012)」(2012年11月1~6日開催、東京ビッグサイト)の台湾パビリオンでは、加工精度の高いワイヤ放電加工機や、低騒音のボールねじなど、台湾企業各社の最新製品や最新技術が出品された。

テーブルの代わりにヘッドを動かす

 加工精度の高いワイヤ放電加工機を出品したのは、台湾最大の放電加工機メーカーであるCHING HUNG MACHINERY ELECTRIC INDUSTRIAL社(慶鴻機電)だ。同社は、ワークを載せたテーブルではなく門型のヘッドをXY方向に動かすワイヤ放電加工機「Q4025L」を展示した(図1)。ワークを載せていないヘッドを動かすため、ワークを載せたテーブルを動かす従来方式のワイヤ放電加工機に比べて、精度を高めやすいという。すなわち、従来方式では、XY方向に動かす可動部の質量がワークの質量によって変動する。これに対して新方式では可動部となるヘッドの質量は一定。このため、高い精度を出しやすいという。

図1●テーブルではなく門型のヘッドをXY方向に動かすワイヤ放電加工機「Q4025L」とCHING HUNG MACHINERY ELECTRIC INDUSTRIAL社薫事長の王武雄氏

 同社薫事長の王武雄氏によれば、同社の従来方式のワイヤ放電加工機では通常、加工精度は±4.5μm。これに対して、Q4025Lのそれは±2.5μmと高い。さらに、この方式の場合、テーブル側からXYの駆動系をなくせるため、構造上、テーブルの周囲を覆うカバーを上下にスライドさせやすい。このため、テーブルへのワークのセッティングなどで使い勝手が上がる。従来方式でも、カバーを上下させることは可能だが、そのためにテーブルの駆動部などの設計を見直す必要が出てくるという。

 この他、Q4025Lの特徴としては、XY軸にリニアモータを採用して長寿命化を図っていること、0.07mmの極細のワイヤに対応していること、同社従来機との比較で20%の省電力化を図っていること、±0.3℃の温度コントロールが可能なこと、という。王氏によれば、リニアモータの採用によって、Q4025Lは10年は問題なく使える。

トップページへ

【技術者塾】(7/25開催)
低コストを実現する機能安全設計の実践法

ISO26262に対応しつつ、回路の部品点数の半減を目指す


省エネルギー社会に則した機器をキャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。。機能安全規格「ISO26262」に対応した安全設計を実施していく上で、考えなければならない設計の考え方や考慮すべきポイントを解説。これにより、コストの視点をしっかりと押さえつつ、「最適な安全設計を実現するために何をどこまで考慮すべきか」について判断ができるようになります。続いて、シンプルで最適な安全アーキテクチャを考えるためにはどうしたらよいかについて、回路の部品点数の削減事例を基に分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年 7月25日
会場 : 御茶ノ水トライエッジカンファレンス
主催 : 日経Automotive

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓