• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子設計 > 【A-SSCC 2012】ノーマリオフ・コンピューティングの可能性をパネル形式で議論へ

【A-SSCC 2012】ノーマリオフ・コンピューティングの可能性をパネル形式で議論へ

  • 清水徹=ルネサスエレクトロニクス、有本和民=岡山県立大学
  • 2012/11/06 17:16
  • 1/1ページ
究極の低電力コンピュータを実現する技術として「ノーマリオフ・コンピューティング」が注目を集めている。2012年11月12日~14日に神戸で開催される半導体回路技術の国際会議「IEEE Asian Solid-State Circuits Conference(A-SSCC)」で、このノーマリオフ・コンピューティングに関するパネル討論会が開催される。日本、アジア、米国、欧州から合計で7人のパネラが登壇する。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓