家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【MOBILE 2012】「おくだけ充電できる場所を1万カ所増やす」、NTTドコモが表明

久米 秀尚=日経エレクトロニクス
2012/11/05 21:00
印刷用ページ
登壇するNTTドコモの吉田氏
登壇するNTTドコモの吉田氏
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 「2012年度末までに、おくだけ充電できる場所を新たに1万カ所以上増設する」――。NTTドコモは、「おくだけ充電」と名づけた非接触充電(ワイヤレス給電)機能に対応する充電器の設置台数を一気に拡大する方針を発表した。

 これは、同社 プロダクト部 第二商品企画担当部長の吉田裕之氏が、2012年10月31日から横浜で開幕した「FPD International 2012 / Mobile Technology 2012」のフォーラムで明らかにしたもの( Tech-On! 関連記事1)。

 同社は、2011年7月におくだけ充電に対応する端末を発売して以来、取り組みを進めている( Tech-On! 関連記事2)。吉田氏は「おくだけ充電は、対応端末と充電インフラの両輪で積極的に進めていく」と意気込む。おくだけ充電に対応した携帯電話機/スマートフォンに関しては「既に、累計で180万台以上を販売している」(NTTドコモの吉田氏)とする。

 一方、おくだけ充電に対応する店舗や施設は2012年9月末の段階で約500カ所。全日本航空の空港ラウンジやタリーズコーヒーの店舗などで3000台が稼働している状況だ。NTTドコモは2012年11月、パナソニック製のおくだけ充電用パッドやおくだけ充電非対応の端末でも同機能を体験できるアタッチメントなどをセットにした「設置キット」を用意し、設置箇所拡大に向けたキャンペーンを始めた。

 NTTドコモと共同でキャンペーンを展開するパナソニックによれば、「カフェやレストラン、待合スペース、移動中など、さまざまな場面でワイヤレス給電へのニーズが高まっている」(パナソニックグループ エナジー社 三洋電機 エナジー社 小型二次電池事業グループ 充電システムビジネスユニット ビジネスユニット長の佐野正人氏)という。

【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング