• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
設計・生産 ものづくり現場の競争力アップに貢献する
 

富士通とデジタルプロセス、3次元モデルから組立手順を自動で算出するソフト

木崎 健太郎=日経ものづくり
2012/11/05 15:38
1/1ページ
 富士通とデジタルプロセス(本社神奈川県厚木市)はデジタル・モックアップ・ツール「VPS」の新版「同V15L13」を発売した。製品組み立てにおける生産準備段階の機能を強化し、CADから読み込んだ3次元モデルを基に組立手順を自動的に算出する機能を設けた(図1)。以前のバージョンで利用可能にした3次元アニメーション自動生成機能と合わせて、従来は1週間必要だった1000部品程度の製品の組立手順書を、3時間以内で作成できるという。時間があまりかからなくなったことから、「量産製品に加えて、生産量の少ない製品についても適用可能」(両社)としている。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

印刷用ページ

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾
  • スポーツイノベイターズオンライン

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング