• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子設計 > 【EDSF 2012】ファブレス時代のDFMを問う、コストを抑えつつ、いかに品質を維持するか

【EDSF 2012】ファブレス時代のDFMを問う、コストを抑えつつ、いかに品質を維持するか

  • 成木 保文=JEITA ナノ世代物理設計WG、メンター・グラフィックス・ジャパン
  • 2012/11/05 15:17
  • 1/1ページ
半導体プロセスの微細化に伴い、設計上の特性値とシリコン上での特性値に大きな乖離がでてきた。この乖離は、高機能・複雑になる設計で考慮すべきコーナー条件が増え、かつ、設計値に占める「考慮すべき製造バラつき値」の割合が、大きくなってきたために起こる。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓