お薦めトピック

補助人工心臓のサンメディカルを自動車用部品などを手掛けるハイレックスが子会社化

2012/11/05 08:00
小谷 卓也=日経エレクトロニクス 兼 デジタルヘルスOnline
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 自動車用のコントロール・ケーブルなどを手掛けるハイレックスコーポレーションは、補助人工心臓を製造・販売するサンメディカル技術研究所を連結子会社化する。具体的には、従来のサンメディカル技術研究所を分割会社とする新設分割によって、補助人工心臓事業を継承するサンメディカル技術研究所を2012年11月6日に新設する。ハイレックスコーポレーションは、この新設分割会社の第三者割当増資を引き受ける。これにより、ハイレックスコーポレーションは、新設分割されるサンメディカル技術研究所の発行済株式の66.7%を取得することになる。

 サンメディカル技術研究所は、補助人工心臓の開発に向けて1991年に設立されたベンチャー企業。国内初となる埋め込み型の補助人工心臓「EVAHEART(エヴァハート)」の販売を2011年4月に始めた。設立から約20年かけて、補助人工心臓の販売にこぎ着けた。

 補助人工心臓は今後、米国など海外市場の需要拡大も見込まれることから、サンメディカル技術研究所は単独での投資を続けていくことが難しいと判断したとみられる。ハイレックスコーポレーションは、既にサンメディカル技術研究所と、補助人工心臓の重要部品の共同開発を進めている。

【日経デジタルヘルス・セミナー】

次世代がん診断サミット2015
~「超早期」への破壊的イノベーション、始まる~


1滴の血液や尿、呼気などといった容易に取得できる生体試料からがんの兆候を捉えるといった破壊的イノベーションの最新動向や、それらのイノベーションがもたらす医療のパラダイムシフトなどについて一望できるプログラムを用意しました。詳細はこちら

日時:2015年9月2日(水)10:00~17:00
会場:富士ソフト アキバプラザ(東京・秋葉原)

お知らせ

日経デジタルヘルス Special

記事ランキング