• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり産業機器/部材 > 【JIMTOF2012】ブラザー工業、主軸回転速度が2万7000回転/分と高いタッピングセンタを出展---電子機器の筐体加工など向け

【JIMTOF2012】ブラザー工業、主軸回転速度が2万7000回転/分と高いタッピングセンタを出展---電子機器の筐体加工など向け

  • 高野 敦=日経ものづくり
  • 2012/11/02 17:42
  • 1/1ページ
 ブラザー工業は、タッピングセンタ「TC-S2DN」の新製品である高速加工タイプを「第26回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2012)」に出展した。主軸回転速度が2万7000回転/分と高く、小型電子機器の筐体や人工骨などの高速加工に向くという。価格は、標準仕様(工具収容本数が14本、正面扉が1枚)で795万9000円(税込み)。

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓