次世代工場 工場の将来像が見える
 

【JIMTOF2012】ファナック、自らの動作を省みて高速化するロボットを出展

木崎 健太郎=日経ものづくり
2012/11/02 12:07
印刷用ページ
 ファナックは、動作時に発生する振動を記録し、それを打ち消すように制御することで2度目からの動作を高速化する“学習ロボット”を「第26回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2012)」(2012年11月1~6日開催、東京ビッグサイト)出展した(図)。自動車部品の溶接を想定したデモで、十数点のスポット溶接を実行する動作(約20秒間)に対し、“学習機能”を用いると10%程度の時間短縮が可能なことを示した。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング