• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEクルマ > 三菱マテリアル、ディーゼルエンジンのEGR温度を高温で測れるサーミスタ材料を開発

三菱マテリアル、ディーゼルエンジンのEGR温度を高温で測れるサーミスタ材料を開発

  • 浜田 基彦=日経Automotive Technology
  • 2012/10/31 17:37
  • 1/1ページ
 三菱マテリアルは、測定温度の上限を250℃から500℃に上げられるサーミスタ材料を開発した。ディーゼルエンジンのEGR(排気再循環)温度センサに使うと、センサの位置を従来より上流にするなど、場所を自由に選ぶことができ、制御の精度も上がる。

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓