技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

【SCW2012】「すべてのデータを共有できる仕組みが成否を握る」米IBMのスマーターシティ技術の発案者

加藤 伸一=ジャーナリスト
2012/10/30 21:58
印刷用ページ
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 「都市運営をスマートするには、データの把握から分析、意思決定、管理、制御まで幅広い地域や要素が絡む。それだけに、行政から企業、市民までが生成するすべてのデータを共有できる仕組みができるかどうかで成否が決まる」――。米IBM のDistinguished Engineer MemberであるColin Harrison氏は10月30日、「Smart City Week 2012」の国際会議「復興に学ぶまちづくり」に登壇し、スマートシティにおいてITが果たすべき役割について講演した。

 Harrison氏は,IBMの「スマーターシティ」の技術プログラムの発案者。ブラジルのリオデジャネイロ市で洪水対策を中心としたスマートシティプロジェクトを主導したほか、東日本大震災後は、地震と津波で被災した地域の復興に向けて東北地方で過ごすなど、災害に強い街づくりにも注力している。

 講演ではまず、リオデジャネイロ市の事例を引きながら,「Intelligent Operations Center(IOC)」と呼ぶ仕組みを解説した。IOCは、治水や水の供給、交通、エネルギーなど様々な社会インフラを統合的に管理・制御することで、都市のスマート化を実現するためのシステムである。

 現在のIOCは、収集する情報をセンサーなどから得られるものに限っている。だが今後は、ニュース記事や画像、SNS(ソーシャルネットワークサービス)など、その真偽や精度が不安定な情報にまで対象を広げ、「その重要性を自律的に判断できるシステムに進化させていく」(Harrison氏)という。

 IOCを使った都市づくりでは、大規模なインフラやシステムが必要になっていく。そのためHarrison氏は、「行政だけでは手に負えない部分には、企業がどんどん支援していくべきだ」と強調した。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング