技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

【決算】ルネサスは損益改善も下期に暗雲、官民共同出資には「ノーコメント」

大下 淳一=日経エレクトロニクス
2012/10/29 20:17
印刷用ページ
決算を発表するルネサスの佐川氏
決算を発表するルネサスの佐川氏
[クリックすると拡大した画像が開きます]
半導体売上高の内訳
半導体売上高の内訳
[クリックすると拡大した画像が開きます]
7446人が早期退職
7446人が早期退職
[クリックすると拡大した画像が開きます]
生産拠点の統廃合を進める
生産拠点の統廃合を進める
[クリックすると拡大した画像が開きます]
財務基盤を強化
財務基盤を強化
[クリックすると拡大した画像が開きます]
主要株主などから計970億円を調達
主要株主などから計970億円を調達
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 ルネサス エレクトロニクスは、2012年度第2四半期(2012年7~9月期)の連結決算を発表した(決算概要)。売上高は前年同期比8.5%減の2228億円、営業損益は同44億円改善して57億円の赤字となった。純損益は早期退職優遇制度の実施により約840億円の特別損失を計上したことなどから、943億円の赤字となった。前期比では、売上高は19%増となり、営業損益は119億円改善した。

 半導体売上高は2053億円となり、前期比では22%伸びた。第1四半期にマイコンなどの減収要因となった情報システム統合の影響が解消したことや、アミューズメント向けSoCの大型案件が牽引したとする。アナログ&パワー半導体についても、アナログICや個別半導体の売り上げが自動車や民生機器向けを中心に伸びたことに加え、液晶ドライバICがスマートフォンの中小型パネル向けを中心に好調だった。

 一方、2012年度下期に関しては「海外向けを中心にリスクが高まっている」(ルネサス エレクトロニクス 執行役員の佐川雅彦氏)。例年、10月はクリスマス商戦向けなどに受注が伸びる時期だが、「ここにきて先行きが厳しい状況が見えつつある。特に、欧州や中国の状況が懸念材料だ」(同氏)という。ただし、2012年度通期(2012年4月~2013年3月期)の連結業績については、同年8月2日に公表した予想を据え置いた。通期売上高は前年比1.7%減の8680億円、営業損益は210億円の黒字を見込んでいる。

 決算発表では(1)人的合理化施策、(2)生産構造対策、(3)財務基盤の強化、の進捗についても説明した。

 (1)については、2012年10月31日を退職日とする早期退職優遇制度を実施し、グループ全体で7446人が応募した。これに伴う特別損失として約840億円を計上し、人件費削減効果は年間約530億円を見込んでいる。退職者は想定していた5千数百人を大きく上回ったが、「事業活動への大きな影響はなく、通期の売上高が大きく落ちることも想定していない」(佐川氏)とする。7446人のうち約65%が生産部門(工場)に関わる人員で、このうち約1000人は統廃合を予定している拠点の従業員だったという。

 (2)については、2013年1月1日付けでルネサスハイコンポーネンツ(青森工場)をアオイ電子に譲渡することが決まるなど、計画通りに進んでいるとした。国内の拠点数/ライン数は現時点で、前工程が9拠点14ライン、後工程が9拠点である。構造対策完了後には、前工程が7拠点9ライン、後工程が2拠点となる予定である。

 (3)については、3段階で改善を図るとした。第1に、2012年10月1日付けで、主要株主3社と主力取引行4社から合計で約970億円の新規資金を調達した。内訳は主要株主3社から計495億円、主力取引行4社から計475億円である。第2に、2012年10月1日までに、主力取引行をアレンジャーとするシンジケートローンによって、1611億円の短期借入金を長期借入金に借り換えた。第3に、今後は新規資金を構造対策費用に充てることで固定費を削減し、営業キャッシュフローを改善していくとする。

 (3)に絡んで、官民共同の出資案が各所で報道されていることに関しては、「当社が発表したものではなく、コメントは差し控えたい」(佐川氏)とした。ルネサスの自己資本比率は2012年9月末時点で13.0%。2012年6月末(24.4%)から10ポイント以上も低下した。「構造対策の推進や営業利益の積み上げによって自己資本を改善したい。それ以外にもいろいろな観点から資本増強策を検討中」(同氏)としている。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング