• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEクルマ > 富士通研究所、水平・垂直方向の検知角が140度と大きな車載用レーザレーダを開発

富士通研究所、水平・垂直方向の検知角が140度と大きな車載用レーザレーダを開発

  • 清水 直茂=日経Automotive Technology
  • 2012/10/29 18:57
  • 1/1ページ
 富士通研究所は2012年10月29日、水平方向と垂直方向の検知角度が140度と大きいレーザレーダを開発したと発表した(図1)。自動車後方の車両などを検知する用途に向く。現在は斜め後方の車両を検知するのに2個のレーザレーダを使うが、開発品を使えば1個ですむ。

おすすめ