• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり設計革新 > Lenovo社、構想設計段階を含むシミュレーション体制を確立

Lenovo社、構想設計段階を含むシミュレーション体制を確立

  • 木崎 健太郎=日経ものづくり
  • 2012/10/29 17:19
  • 1/1ページ
 中国Lenovo社は、構想設計、詳細設計、生産準備の各段階の業務でCAEによるシミュレーションを活用する「Highly Valued Workflows(HVW)」を確立、運用していることを明らかにした。構想設計段階ではキー部品の選択やデザインの方針決定、設計段階(金型製作前)は設計案のブラッシュアップと確認、生産準備段階(金型製作後)は最終確認の他、不具合の緊急対応や次機種以降へのフィードバックを目的にしている。仏Dassault Systemes社のシミュレーション・ツール「SIMULIA」部門のイベントを機に来日したAdvisory CAE EngineerのYuan Chunfeng(元春峰)氏が明らかにした。
【技術者塾】(6/9開催)
「製品の差異化」はこれでうまくいく

~顧客ニーズと設計のギャップを埋める技術~


実務経験豊富な講師が、優れた「製品の差異化」を実現する具体的な方法を解説します。また、この取り組みの骨格とも言えるQFD(Quality Function Deployment:品質機能展開)のうまいやり方、コツを分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年6月9日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経ものづくり

おすすめ