設計力向上 開発手法と支援ツールの動向・事例
 

Lenovo社、構想設計段階を含むシミュレーション体制を確立

木崎 健太郎=日経ものづくり
2012/10/29 17:19
印刷用ページ
 中国Lenovo社は、構想設計、詳細設計、生産準備の各段階の業務でCAEによるシミュレーションを活用する「Highly Valued Workflows(HVW)」を確立、運用していることを明らかにした。構想設計段階ではキー部品の選択やデザインの方針決定、設計段階(金型製作前)は設計案のブラッシュアップと確認、生産準備段階(金型製作後)は最終確認の他、不具合の緊急対応や次機種以降へのフィードバックを目的にしている。仏Dassault Systemes社のシミュレーション・ツール「SIMULIA」部門のイベントを機に来日したAdvisory CAE EngineerのYuan Chunfeng(元春峰)氏が明らかにした。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS
製造業IT:日経テクノロジーオンライン × ITpro Active

お薦めトピック

記事ランキング