次世代工場 工場の将来像が見える
 

安川電機、ロボット向けにバラ積みワークを取り出すための形状計測ユニットを発売

高田 憲一=日経ものづくり
2012/10/29 17:33
印刷用ページ
 安川電機は、同社の産業用ロボット「MOTOMAN」(モートマン)のオプションとして、3次元形状計測ユニット「MotoEye-3D」を2012年11月1日に発売する。新製品は、ボルトやナット、パイプ、プレス部品といった小物部品の仕分けやハンドリング用途を想定し、バラ積みされた数種類のワークを自動的に取り出せるようにしたもの。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング