アナログ エレクトロニクスを支える基盤技術
 

IDTがワイヤレス給電用ICの高出力対応を加速、「50W品を1年以内に投入」

大下 淳一=日経エレクトロニクス
2012/10/26 19:33
印刷用ページ
 「ワイヤレス給電では、規格側の対応出力の向上を待ってはいられない。顧客ニーズに応えるために、ICベンダーである我々が高出力対応を先行して進める」(米Integrated Device Technology(IDT)社 Vice President&General Manager, Analog and Power DivisionのArman Naghavi氏)――。IDT社は2012年10月26日に東京都内でワイヤレス給電用IC事業に関する説明会を催し、高出力対応に向けた計画などを明らかにした。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング