• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > IDTがワイヤレス給電用ICの高出力対応を加速、「50W品を1年以内に投入」

IDTがワイヤレス給電用ICの高出力対応を加速、「50W品を1年以内に投入」

  • 大下 淳一=日経エレクトロニクス
  • 2012/10/26 19:33
  • 1/1ページ
 「ワイヤレス給電では、規格側の対応出力の向上を待ってはいられない。顧客ニーズに応えるために、ICベンダーである我々が高出力対応を先行して進める」(米Integrated Device Technology(IDT)社 Vice President&General Manager, Analog and Power DivisionのArman Naghavi氏)――。IDT社は2012年10月26日に東京都内でワイヤレス給電用IC事業に関する説明会を催し、高出力対応に向けた計画などを明らかにした。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓