設計力向上 開発手法と支援ツールの動向・事例
 

マツダがSKYACTIVディーゼル・エンジンの最適化で、MathWorksのModel-Based Calibration Toolboxを活用

小島 郁太郎=Tech-On!
2012/10/25 18:37
印刷用ページ
米The MathWorks社は、マツダが「MATLAB」、「Simulink」、および「Model-Based Calibration Toolbox」を活用して、SKYACTIV TECHNOLOGYのエンジンの開発を加速したと発表した。これら三つを活用したことで、マツダは、世界中の厳格な排気ガス規制を満たしながら、SKYACTIVエンジンの効率性を最適化することができたという。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS
製造業IT:日経テクノロジーオンライン × ITpro Active

お薦めトピック

記事ランキング