• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEクルマ > 現調率は8割以上、ダイハツのインドネシア戦略車「AYLA」

現調率は8割以上、ダイハツのインドネシア戦略車「AYLA」

  • 清水 直茂=日経Automotive Technology
  • 2012/10/25 17:23
  • 1/1ページ
 ダイハツ工業は、インドネシアで発売予定の小型戦略車「AYLA(アイラ)」の現地調達率が8割以上(コストベース)であることを明らかにした(図1)。日系メーカーなどがインドネシアで生産する部品が多いが、「インドネシア資本の現地メーカーの部品も積極的に使った」(ダイハツ)とする。インドネシアには2輪車を手掛ける現地メーカーが多く、そうしたメーカーから自動車向けに転用しやすい部品を使ったようだ。
自動車未来サミット/モビリティーNEXT2016の告知サイト

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓