EDA・ソフトウエア 強いLSIやボードを設計するための
 

オムロンが顔の表情推定技術を開発、30ms以内で画像から7種の表情の度合いを推定

竹居 智久=日経エレクトロニクス
2012/10/24 11:00
印刷用ページ
図1 画像内の顔の位置を探し、その顔の表情を推定する
図1 画像内の顔の位置を探し、その顔の表情を推定する
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図2 ユーザーの表情に応じて機器の動作を変える用途も想定する
図2 ユーザーの表情に応じて機器の動作を変える用途も想定する
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 オムロンは2012年10月23日に、人の顔が写った画像データから表情を推定する「表情推定技術」を開発したと発表した(発表資料)。「喜び」「驚き」「恐怖」「嫌悪」「怒り」「悲しみ」「無表情」の7種の表情についてそれぞれの度合いを推定する。

 同社の顔画像センシング技術群「OKAO Vision」の1製品として、ソフトウエアで提供する。CPUコアの動作周波数が1GHz程度のスマートフォンで動作させた場合、顔の位置の検出および表情の推定を30ms以下で実行できるという。

 オムロンは表情推定技術の応用例として、(1)ペット・ロボットを人の表情に応じて行動させる、(2)プリント・シール機で被撮影者の表情に応じて背景画像を変える、(3)写真管理ソフトウエアで特定の表情の写真だけを抽出する、(4)家電製品をユーザーの表情に応じて制御する、といった案を挙げる。

 表情推定技術は、OKAO Visionの中核技術である「3Dモデルフィッティング技術」と「統計的識別手法」に基づく。前者は簡易的な顔の3次元モデルに当てはめて顔の向きや表情の変化を認識する技術、後者は顔などの特定物体ごとの特徴的なパターンを機械学習に基づいて優先順位付けする技術である。今回、オムロンは顔画像に7種の表情ごとの評点を付けたものを「数万枚」(同社)用意し、それを学習データとして用いることで表情推定技術を実現した。

 「ポジティブな感情なのか、ネガティブな感情なのかは、8割程度の正確さで判断できる」(同社)という。人とのやり取りを踏まえて表情の判定基準を動的に調整するといった機能については「今後の開発課題の一つとして検討している」(同社)。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング