家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

ハイアール アクアが強化ガラス搭載の冷蔵庫、16万円前後で発売

佐伯 真也=日経エレクトロニクス
2012/10/23 20:34
印刷用ページ
図1 「ガラストップ冷蔵庫」は3色展開。赤のみ、デザインが施されている
図1 「ガラストップ冷蔵庫」は3色展開。赤のみ、デザインが施されている
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図2 Haier社の技術を日本に展開
図2 Haier社の技術を日本に展開
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図3 ハイアール アクア セールス 代表執行取締役社長の中川喜之氏
図3 ハイアール アクア セールス 代表執行取締役社長の中川喜之氏
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図4 洗濯機のシェア(GfKジャパンの調査に基づく)
図4 洗濯機のシェア(GfKジャパンの調査に基づく)
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図5  洗濯機のシェア(GfKジャパンの調査に基づく)
図5 洗濯機のシェア(GfKジャパンの調査に基づく)
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 中国Haier Electronics Group(海爾集団)社の子会社であるハイアール アクア セールスは2012年10月23日、「AQUA」ブランドの冷蔵庫「ガラストップ冷蔵庫」を発表した。扉表面に強化ガラスを施したのが特徴。容量は400Lである。赤と黒、白の3色であり、2012年11月上旬以降、順次発売する。市場想定価格は16万円前後で、「400Lクラスでボリューム・ゾーンを狙う」(ハイアール アクア セールス 商品統括部 統括部長の森田昌治氏)。

 扉表面に強化ガラスを施すことで、汚れや傷が付きにくい他、デザイン性を高めたとする。Haier社では、強化ガラスを施した冷蔵庫を2002年以降、欧州を中心に全世界で展開しており、累計販売台数は約1500万台に達しているという。強化ガラス採用の冷蔵庫の製造技術を、日本ユーザー向けの冷蔵庫に展開することで、「2012年5月から約半年の期間で開発できた」(ハイアール アクア セールスの森田氏)とする。

 ハイアール アクア セールスは、三洋電機の白物家電事業の譲渡により、Haier社の子会社として2012年1月5日に発足した会社。2012年の売上高目標として350億円を掲げている。発足から10カ月となる現時点では、「目標は達成できる見込み」(ハイアール アクア セールス 代表執行取締役社長の中川喜之氏)という。今回の新製品は、目標達成に向けた起爆剤としたい考えだ。

 現時点で手掛ける製品は、洗濯機と冷蔵庫、業務用洗濯機の3分野。発表会では、2012年7~9月における洗濯機と冷蔵庫の国内市場シェアの結果を明らかにした。洗濯機の市場シェアは14%で、三洋電機時代の前年同期比で4ポイント低下したという。一方、冷蔵庫の市場シェアは9%で、前年同期比で1ポイント上昇したとする。AQUAブランドの認知度についても、「小泉今日子さんをCMキャラクターに採用したこともあり、60%に近づいてきた」(ハイアール アクア セールスの中川氏)という。

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング