設計力向上 開発手法と支援ツールの動向・事例
 

ラティス、海外拠点向け作業指示書の作成ツールを発売---多言語対応が容易に

中山 力=日経ものづくり
2012/10/23 21:15
印刷用ページ
 ラティス・テクノロジー(本社東京)は、軽量3次元データ形式「XVL」をベースとした製品群において、海外拠点で使う外国語の作業指示書を作成する機能などを追加した。具体的には2製品をバージョンアップし、XVL編集ツール「XVL Studio Ver. 11.1」と帳票作成ツール「Latice3D Reporter Ver. 6.1」として2012年10月26日に発売する。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS
製造業IT:日経テクノロジーオンライン × ITpro Active

お薦めトピック

記事ランキング