• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり設計革新 > ラティス、海外拠点向け作業指示書の作成ツールを発売---多言語対応が容易に

ラティス、海外拠点向け作業指示書の作成ツールを発売---多言語対応が容易に

  • 中山 力=日経ものづくり
  • 2012/10/23 21:15
  • 1/1ページ
 ラティス・テクノロジー(本社東京)は、軽量3次元データ形式「XVL」をベースとした製品群において、海外拠点で使う外国語の作業指示書を作成する機能などを追加した。具体的には2製品をバージョンアップし、XVL編集ツール「XVL Studio Ver. 11.1」と帳票作成ツール「Latice3D Reporter Ver. 6.1」として2012年10月26日に発売する。
【技術者塾】(8/25開催)
シンプルで強力なFMEAとDR

現場の技術者にとって使いやすい、シンプルな新FMEA「3D-FMEA」の作成方法と有効な活用方法、そして審査方法を指導します。


会場 :御茶の水トライエッジカンファレンス

【技術者塾】(8/26開催)
シンプルで強力なFTA

優れた技術者が持つ「匠のワザ」を押さえた上で、シンプルで強力なFTA「3D-FTA」を学びます。


会場 :御茶の水トライエッジカンファレンス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓