• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
電子部品 受動部品からモジュールまで電子部品の総合情報
 

ワイヤレス給電技術の実用化ロードマップ、BWフォーラムが明らかに

蓬田 宏樹=日経エレクトロニクス
2012/10/23 18:12
1/2ページ
「ワイヤレス電力伝送技術の実用化に向けたロードマップ」
「ワイヤレス電力伝送技術の実用化に向けたロードマップ」
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 国内メーカーなどで組織する業界団体「ブロードバンドワイヤレスフォーラム(BWF)」は、ワイヤレス給電技術の実用化に向けたロードマップをまとめた。将来の家電機器や電気自動車(EV)による活用を主眼とした開発および標準化ロードマップで、海外の規格標準化にあわせ、国内の技術基準策定の必要性に言及している。

家電機器とEVに向けた商用シナリオ示す

 このロードマップは、BWF内の作業部会「ワイヤレス電力伝送WG(WPT-WG)」がまとめたもの。WPT-WGの担当者が、総務省が主催する研究会「電波有効利用の促進に関する検討会」で資料として示した。

 ロードマップでは、家電機器およびEVに向けたワイヤレス給電技術の商用化シナリオを示した。家電機器向けでは、供給電力が5W程度の用途(携帯電話機やスマートフォンの非接触充電)で既に用いられているが、2013年~2014年末には50W以下クラスの用途(各種モバイル機器、ポータブル機器、ウェアラブル機器など)が商用化段階を迎えると予測する。さらに2015年以降は、50W~数百Wクラスの用途(大型テレビや高機能パソコン、白物家電)などが実現されると想定している。その後2020年にかけて、掃除機への電力供給などに向けた数kWクラスの用途が出現するとした。

 一方でEVに関しては、2014年末頃までが研究開発および試験段階であり、2015年~2020年が導入段階になるという。一般家庭用のEVの非接触充電用途に広く普及するのは、2021年以降とみる。「走行中給電」といった将来技術は、さらに先になるという位置づけである。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【技術者塾】(2/23開催)
シグナル/パワーインテグリティーとEMC

〜高周波・低電圧設計に向けたノイズの課題と対策〜


本講座では、設計事例を基に、ノイズ対策がなぜ必要なのかを分かりやすく解説します。その上で、シグナルインテグリティー(SI)、パワーインテグリティー(PI)、EMCの基礎知識ならびにそれらがノイズ課題の解決にどのように関係しているかを、これまでの知見や経験に基づいた具体例を踏まえつつ解説を行います。 詳細は、こちら
日程 : 2016年2月23日
会場 : 化学会館
主催 : 日経エレクトロニクス
印刷用ページ

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾
  • スポーツイノベイターズオンライン

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング