家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

NFC搭載スマートフォンで「タッチ&ゴー」、JALとKDDIが開始

中道 理=日経エレクトロニクス
2012/10/23 15:30
印刷用ページ

 日本航空(JAL)は2012年10月22日、KDDIが販売するNFC搭載のスマートフォンを空港の装置にかざすだけで航空機に搭乗できるサービス「JAL タッチ&ゴー」を開始した。NFC搭載の端末でタッチ&ゴー・サービスを開始するのは「日本初」(日本航空)という(3分で分かるNFC基礎講座)。

 JALは2012年9月26日から「おサイフケータイ」(FeliCa)対応のAndroidスマートフォンに対してタッチ&ゴー・サービスを提供している。今回、これに加えて、NFC対応のスマートフォンでも対応した格好だ。今回のタッチ&ゴー・サービスでは、スマートフォンはNFCのカード・エミュレーション・モードとして動作し、外部のリーダー/ライターに対してICカードとして振る舞う。

 NTTドコモもNFC搭載のスマートフォンを販売済み(関連記事1)。それにもかかわらず、今回の発表がKDDIのスマートフォンに限られているのは、NFC用のセキュア・エレメント(SE)を内蔵したSIMカードを提供しているのが、現時点ではKDDIのみだからである。SEには暗号回路やファイル・システム、乱数発生回路、アプリケーション実行環境などが用意されており、高いセキュリティー・レベルを求めるデータを格納できる(関連記事2)。今回のタッチ&ゴー・サービスでは、このSEに「JALマイレージバンク」の会員番号などが保存される。なお、NTTドコモは2013年2月ごろより、NFC用のSEを搭載したSIMカードの提供の開始を始める予定である(関連記事3)。

 スマートフォンがおサイフケータイとNFCの両方に対応する場合は、スマートフォンの本体にあるFeliCaのSEとSIMカード上のNFC用のSEの両方に、会員番号などが記録される。空港にあるリーダー/ライターに、スマートフォンをかざした際におサイフケータイとして動作するか、NFCのICカードとして動作するかは、かざしたタイミングでどちらの通信要求があったかによって決まる。空港に設置されたリーダー/ライターはFeliCaカードに対する読み出し、NFCのICカードに対する読み出しを交互に行うような仕様になっているからである。

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング