• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > Linear Technology、入力雑音が46μVrmsと低い20Mサンプル/秒の16ビットA-D変換器ICを発売

Linear Technology、入力雑音が46μVrmsと低い20Mサンプル/秒の16ビットA-D変換器ICを発売

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2012/10/23 14:30
  • 1/1ページ
 米Linear Technology社は、入力換算雑音電圧が46μVrmsと低い最大20Mサンプル/秒の16ビットA-D変換器ICを3製品発売した。A-D変換器を1個搭載した1チャネル品「LTC2269」と、2個搭載した2チャネル品「LTC2270/LTC2271」である。LTC2269とLTC2270はパラレル出力、LTC2271はLVDS出力である。2チャネル品はいずれも同時サンプリングが可能だ。直流特性も高い。具体的には、積分非直線性誤差(INL)は±2.6LSB(最大値)、微分非直線性誤差(DNL)は±0.8LSB(最大値)である。このため同社は、「極めて低い雑音で、高い直線性が求められる用途に向く」としている。
【技術者塾】
「決定版! アナログ回路技術者に必須のオペアンプを完全理解」(2016年6月23日(木))


オペアンプを基礎から十分に理解できていなければ、アナログ回路を設計したり応用したりすることはできません。本講座では、オペアンプの役割から詳細設計、実際に使用されているオペアンプの応用までを1日でマスターします。詳細は、こちら
日時:2016年6月23日(木)10:00~17:00
会場:化学会館(東京・御茶ノ水)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ