• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > LED照明向けの新・黄色蛍光体、小糸製作所と東工大、名大が共同開発

LED照明向けの新・黄色蛍光体、小糸製作所と東工大、名大が共同開発

直径10mmの半球状の白色LEDが可能に

  • 佐伯 真也=日経エレクトロニクス
  • 2012/10/17 00:00
  • 1/1ページ
 小糸製作所と東京工業大学 教授の細野秀雄氏の研究グループ、名古屋大学 教授の澤博氏の研究グループは共同で、新たな黄色蛍光体「Cl_MS(クルムス)蛍光体」を開発した。照明に使われる白色LEDに向けたものである。開発品を用いた白色LEDは既存品に比べて、「屋内照明に適した優しい光が得られる他、低コスト化を図れる」(小糸製作所 取締役副社長 技術本部長 システム商品企画室・知的財産部・研究所 担当の横矢雄二氏)とする。具体的な量産時期は明らかにしなかったが、「蛍光体の量産技術は確立しており、LEDメーカーや照明メーカーとの議論を進めていく」(横矢氏)考えだ。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓