エネルギー
 

住友化学と住友商事など、膜を使ったCO2分離事業参入で新会社を設立へ

高田 憲一=日経ものづくり
2012/10/16 19:30
印刷用ページ
 住友化学、住友商事、ルネッサンス・エナジー・リサーチ(本社京都市、以下ルネッサンス・エナジー)の3社は、二酸化炭素(CO2)を選択的に透過する膜を利用した膜分離法によるCO2分離事業への参入に向け、共同出資で新会社(名称は未定)を2012年末までに設立する。現在実用化されている化学吸収法や物理吸収法よりも競争力があると3社はみている。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング