• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEクルマ > 日産、ブレーキの踏み間違い防止機能を年内に「エルグランド」に採用

日産、ブレーキの踏み間違い防止機能を年内に「エルグランド」に採用

  • 清水 直茂=日経Automotive Technology
  • 2012/10/12 11:53
  • 1/1ページ
図1 現行型の「エルグランド」の外観
図1 現行型の「エルグランド」の外観
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図2 駐車場内だと推定する
図2 駐車場内だと推定する
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 日産自動車は2012年10月12日、ブレーキペダルとアクセルペダルの踏み間違いを防ぐ機能を年内に発売するミニバン「エルグランド」に採用すると発表した(図1)。カメラ4個と超音波センサを使い、駐車場で停止させようとする場面で運転者がアクセルペダルを踏んだときに強制的にブレーキを掛ける(図2)。

 日産はこの機能を「踏み間違い衝突防止アシスト(駐車枠検知機能付)」と呼び、2011年に同機能を搭載した試作車を見せていた(Tech-On!関連記事)。今回、それを実用化する。

 車両周辺の映像を俯瞰して表示する「アラウンドビューモニター」のカメラ4個と超音波センサで、車両の現在位置が駐車場の枠内なのかを推定する。その状況で進行方向に壁などの障害物があり、さらに運転者がアクセルペダルを踏んだ場合に加速を抑えるとともに、衝突する前にブレーキをかける。

48V化で変わるHEV勢力図
~日本は欧州の標準化に対抗できるのか~
Valeo社、Continental社、Infinion社など主要企業が講演


欧州メーカーが2016年に48Vのマイルドハイブリッド車(HEV)を実用化します。48V化する最大の狙いは、発電機で、エンジン駆動力をアシストできるようにすること。燃費が向上し、欧州の2021年規制(CO2排出量=95g/km)をクリアしやすくなります。一方の日本は、各社が200V程度の高電圧電源を搭載し、専用の駆動用モーターを配置する、本格的なストロングHEVで世界をリードしています。日本は欧州勢に対抗できるのか━━。今回のセミナーでは、48V規格の最新動向から、事例、HEV市場に与えるインパクトまで、多面的に迫ります。詳細は、こちら

日程 : 2016年5月24日
会場 : 関内新井ホール (横浜・関内)
主催 : 日経Automotive

おすすめ