家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

NTTドコモが「しゃべってコンシェル」の機能を拡充

根津 禎=日経エレクトロニクス
2012/10/11 20:47
印刷用ページ
iコンシェルとの連携についての説明
iコンシェルとの連携についての説明
[クリックすると拡大した画像が開きます]
路線を問い合わせた場合
路線を問い合わせた場合
[クリックすると拡大した画像が開きます]
しゃべってキャラ機能を発表
しゃべってキャラ機能を発表
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 NTTドコモは、2012年冬モデルの提供に合わせて、音声による検索サービス「しゃべってコンシェル」の機能を拡充する。具体的には、検索対象の拡大、iコンシェルとの連携、「しゃべってキャラ機能」の追加の三つである。

 検索対象の拡大に関しては、情報検索の対象ジャンルや呼出対象の機能を拡大した。例えば、TV番組やサッカー、カロリー、映画、ゴルフなどである。加えて、一部の情報検索の対象ジャンルでは、性別や年齢などユーザーごとの属性に合わせた回答が可能になるという。

 iコンシェルとの連携については、ユーザーの問いかけに対して、普段使用する路線などのiコンシェルの設定情報に合わせた回答を行う。例えば、「終電を教えて」と問い合わせた場合、現在位置に合わせてiコンシェルに登録した最寄り駅などの情報を加えて情報を検索し、回答する。

 しゃべってキャラ機能は、ユーザーがしゃべってコンシェルのキャラクターを変更できるようになる。変更したキャラクターに合わせた音声をクラウド上で合成して回答する他、キャラクターとの「雑談」が可能になるなど、エンターテインメント性を高めた。具体的には、アニメの「ちびまる子ちゃん」や「けいおん!」などのキャラクターを設定できる。

 検索対象の拡大としゃべってキャラ機能の提供は2012年11月から、iコンシェルとの連携は2013年2月から開始する予定だ。

なお、2012年11月7日のセミナーにおいて、しゃべってコンシェルの開発に携わったNTTドコモの栄藤氏が登壇いたします。詳細はこちら

【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング