家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

NTTドコモ、おサイフケータイを海外でも利用可能に

中道 理=日経エレクトロニクス
2012/10/11 17:28
印刷用ページ
iDでPayPass決済機を利用可能に
iDでPayPass決済機を利用可能に
[クリックすると拡大した画像が開きます]
展示会場での説明パネル
展示会場での説明パネル
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 NTTドコモは2012年10月11日、自社で展開する携帯電話機およびスマートフォンを使ったクレジット決済サービス「iD」を、米MasterCard Worldwide社の非接触ICカード決済サービス「PayPass」の決済機で利用できるようにすると発表した。これにより、国内に設置された58万台のiD決済機に加えて、41カ国50万カ所に設置されたPayPass決済機にNTTドコモのスマートフォンをかざして決済することが可能になる。

 ただし、iDとPayPass決済機の両方で決済するためには、対応のスマートフォンが必要である。iDとPayPassでは異なる非接触IC技術を採用しているからだ。まず無線通信方式が違う。iDはFeliCaの通信方式、PayPassはType AまたはType Bと呼ばれる通信方式を使う。さらに、iD用のセキュア情報はスマートフォン本体に搭載されるFeliCaのセキュリティ・チップ(セキュア・エレメント)、PayPass用のセキュア情報は、SIMカード内のセキュア領域を利用する。対応のスマートフォンとしては、同日、冬モデルとして発表されたNTTドコモのスマートフォンのうち、「Xperia AX SO-01E」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)、「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」(シャープ製)の2機種である(関連記事)。

 iDの利用者が対応の端末を使って海外でPayPassを利用できるようになるのは、2013年度上半期からである。その準備のために、2013年2月から対応端末に対してドコモ・ショップを通じてPayPassが利用可能になるSIMカードの配布を開始し、端末のファームウエア・アップデートを提供する計画という。

【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング