• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > NTTドコモ、おサイフケータイを海外でも利用可能に

NTTドコモ、おサイフケータイを海外でも利用可能に

  • 中道 理=日経エレクトロニクス
  • 2012/10/11 17:28
  • 1/1ページ
iDでPayPass決済機を利用可能に
iDでPayPass決済機を利用可能に
[クリックすると拡大した画像が開きます]
展示会場での説明パネル
展示会場での説明パネル
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 NTTドコモは2012年10月11日、自社で展開する携帯電話機およびスマートフォンを使ったクレジット決済サービス「iD」を、米MasterCard Worldwide社の非接触ICカード決済サービス「PayPass」の決済機で利用できるようにすると発表した。これにより、国内に設置された58万台のiD決済機に加えて、41カ国50万カ所に設置されたPayPass決済機にNTTドコモのスマートフォンをかざして決済することが可能になる。

 ただし、iDとPayPass決済機の両方で決済するためには、対応のスマートフォンが必要である。iDとPayPassでは異なる非接触IC技術を採用しているからだ。まず無線通信方式が違う。iDはFeliCaの通信方式、PayPassはType AまたはType Bと呼ばれる通信方式を使う。さらに、iD用のセキュア情報はスマートフォン本体に搭載されるFeliCaのセキュリティ・チップ(セキュア・エレメント)、PayPass用のセキュア情報は、SIMカード内のセキュア領域を利用する。対応のスマートフォンとしては、同日、冬モデルとして発表されたNTTドコモのスマートフォンのうち、「Xperia AX SO-01E」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)、「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」(シャープ製)の2機種である(関連記事)。

 iDの利用者が対応の端末を使って海外でPayPassを利用できるようになるのは、2013年度上半期からである。その準備のために、2013年2月から対応端末に対してドコモ・ショップを通じてPayPassが利用可能になるSIMカードの配布を開始し、端末のファームウエア・アップデートを提供する計画という。

【技術者塾】(5/26開催)
シミュレーション要らずの熱設計・熱対策

~熱を電気回路に見立てて解析、演習で応用力アップ~


本講演を受講すると、シミュレーションに頼らない実践的な熱対策・熱設計ができるようになります。演習を通して実際に熱を解析し、熱設計への理解を深められます。現場で応用できる熱解析ツールを自分で作成できるようになります。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月26日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ