家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

NTTドコモが2012年冬モデルを発表、全スマートフォンが100Mビット/秒のLTEに対応

中道 理=日経エレクトロニクス
2012/10/11 17:32
印刷用ページ
2012年冬モデルを発表するNTTドコモ 代表取締役社長の加藤薫氏
2012年冬モデルを発表するNTTドコモ 代表取締役社長の加藤薫氏
[クリックすると拡大した画像が開きます]
LTEエリア拡大を前倒しで実施
LTEエリア拡大を前倒しで実施
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 NTTドコモは2012年10月11日、同社の通信端末の2012年冬モデルを発表した。全16機種で9機種がスマートフォン、1機種がタブレット端末だった。残りは4機種のフィーチャーフォン、1機種のモバイル・ルーター、1機種のフォトパネルである。冬モデルの特徴として、NTTドコモ 代表取締役社長の加藤薫氏は、「100Mビット/秒のLTE」「クアッドコアCPU」「大容量バッテリ」「NOTTV」「NFC」の五つの項目を挙げた。

 まず、100Mビット/秒のLTEについては、スマートフォン、タブレット端末、モバイル・ルーターの全機種で対応した。1.5GHz帯の片方向15MHz幅を使って実現する。ただし、関東・東海・近畿の、いわゆる東名阪バンドで15MHzを利用できるのは2014年度以降である。まずは、100Mビット/秒のサービスは東北や北陸、四国、沖縄などで開始する。

 クアッドコアとしてはスマートフォンとタブレット端末のうち、6機種が対応した。米NVIDIA社のアプリケーション・プロセサ「Tegra3」の他、米Qualcomm社の「APQ8064」、韓国Samsung Electronics社の「Exynos4412」などを搭載する。

 大容量バッテリ(電池容量)については、夏モデルのスマートフォン16機種の平均容量が約1740mAhだったのに対し、冬モデルの9機種では平均約2140mAhとなったという(関連記事1)。約23%の増加である。

 NOTTVは、スマートフォンとタブレット端末全10機種のうち7機種、NFCは5機種で対応した(関連記事2)。

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング