• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子設計 > 「設計期間1/50。かつ瞬時にアルゴリズム変更」、NECが開発中の金融機関向けFPGA設計環境

「設計期間1/50。かつ瞬時にアルゴリズム変更」、NECが開発中の金融機関向けFPGA設計環境

  • 小島 郁太郎=Tech-On!
  • 2012/10/10 13:20
  • 1/3ページ

 NECのグリーンプラットフォーム研究所(以前は、システムIPコア研究所)が開発を進めている、金融機関向けのFPGA設計環境が強化された。同研究所は1年ほど前に、この環境の核となる部分を発表している(Tech-On!関連記事)。金融処理のC言語アルゴリズムから、FPGAのプログラミング・データを生成する部分である。

図1●既存技術を使った場合(上)と開発中の設計環境を使った場合(下)の違い
NECのスライドをTech-On!が編集。
[画像のクリックで拡大表示]

 開発中の設計環境は、時々刻々変わる状況に応じて金融処理アルゴリズムを最適化し、それを短時間にFPGAに実装することで、高速に処理することを狙う(図1)。従来、金融処理アルゴリズムはソフトウェアとして実装されることが一般的だった。しかし、最近では、ハードウェア化して、具体的にはFPGAに実装して、高速化を安価に行うことに注目が集まっている。この際の壁がFPGAの設計である。ソフトウェアとして実装されていれば、金融機関内の人員だけでも最適化はそれほど難しくはないだろう。

 一方、FPGAはハードウェアであり、金融機関内の人員だけでは最適設計は難しい。今のところ、「FPGAの設計は外部のエンジニアリング会社などに委託せざるを得ないだろう」(NEC)。NECが開発中の設計環境では、FPGAの設計部分も含めて、基本的に金融機関内で処理できることを目指す。外部へ仕事を出す時間が節約できる上に、機密漏えいを防ぐ狙いもある。

 なお、NECとしては、IT事業において、今回のFPGA設計環境をプラスすることで、競合との差異化につなげることを狙う。同社の発表によれば、2014年度中に、今回の設計環境を事業で活用したいとのことである(当該ニュース・リリース)。

【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓