EDA・ソフトウエア 強いLSIやボードを設計するための
 

「設計期間1/50。かつ瞬時にアルゴリズム変更」、NECが開発中の金融機関向けFPGA設計環境

小島 郁太郎=Tech-On!
2012/10/10 13:20
印刷用ページ

 NECのグリーンプラットフォーム研究所(以前は、システムIPコア研究所)が開発を進めている、金融機関向けのFPGA設計環境が強化された。同研究所は1年ほど前に、この環境の核となる部分を発表している(Tech-On!関連記事)。金融処理のC言語アルゴリズムから、FPGAのプログラミング・データを生成する部分である。

図1●既存技術を使った場合(上)と開発中の設計環境を使った場合(下)の違い
NECのスライドをTech-On!が編集。
[画像のクリックで拡大表示]

 開発中の設計環境は、時々刻々変わる状況に応じて金融処理アルゴリズムを最適化し、それを短時間にFPGAに実装することで、高速に処理することを狙う(図1)。従来、金融処理アルゴリズムはソフトウェアとして実装されることが一般的だった。しかし、最近では、ハードウェア化して、具体的にはFPGAに実装して、高速化を安価に行うことに注目が集まっている。この際の壁がFPGAの設計である。ソフトウェアとして実装されていれば、金融機関内の人員だけでも最適化はそれほど難しくはないだろう。

 一方、FPGAはハードウェアであり、金融機関内の人員だけでは最適設計は難しい。今のところ、「FPGAの設計は外部のエンジニアリング会社などに委託せざるを得ないだろう」(NEC)。NECが開発中の設計環境では、FPGAの設計部分も含めて、基本的に金融機関内で処理できることを目指す。外部へ仕事を出す時間が節約できる上に、機密漏えいを防ぐ狙いもある。

 なお、NECとしては、IT事業において、今回のFPGA設計環境をプラスすることで、競合との差異化につなげることを狙う。同社の発表によれば、2014年度中に、今回の設計環境を事業で活用したいとのことである(当該ニュース・リリース)。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング