エネルギー
 

アサヒグループHDなど、サトウキビから先にバイオエタノールを生産、その後砂糖を生産する「逆転プロセス」で、得られる砂糖の量を最大4倍に

浜田 基彦=日経Automotive Technology
2012/10/10 13:04
印刷用ページ
 アサヒグループホールディングスの豊かさ創造研究所と農業・食品産業技術総合研究機構の九州沖縄農業研究センターは、砂糖とエタノールを従来と逆の順序で造る「逆転生産プロセス」を世界で初めて開発した。同プロセスを使うと、食糧の生産量を減らさずにエネルギを生産できる。“食糧と競合しないバイオエタノール”としてこれまで開発していたものは、食べられない植物を原料にするものだったが、それとは別のジャンルが現れたことになる。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング