お薦めトピック

【CEATEC 2012】太陽誘電、圧電素子を利用した独自方式の脈波センサを展示

2012/10/10 09:59
小谷 卓也=日経エレクトロニクス 兼 デジタルヘルスOnline
 太陽誘電は、2012年10月2~6日に幕張メッセで開催された「CEATEC JAPAN 2012」において、開発中の脈波センサを初めて披露した。他の企業が開発している脈波センサの多くは、光を利用して血流量の変化を検出する原理だが、太陽誘電は圧力の変化によって脈の動きを直接検出する独自の方式を採用した。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【日経デジタルヘルス・セミナー】

次世代がん診断サミット2015
~「超早期」への破壊的イノベーション、始まる~


1滴の血液や尿、呼気などといった容易に取得できる生体試料からがんの兆候を捉えるといった破壊的イノベーションの最新動向や、それらのイノベーションがもたらす医療のパラダイムシフトなどについて一望できるプログラムを用意しました。詳細はこちら

日時:2015年9月2日(水)10:00~17:00
会場:富士ソフト アキバプラザ(東京・秋葉原)

お知らせ

日経デジタルヘルス Special

記事ランキング