お薦めトピック

【CEATEC 2012】ロームのUVセンサ、Siベースへの変更で実用性を向上

2012/10/10 09:58
小谷 卓也=日経エレクトロニクス 兼 デジタルヘルスOnline
 ロームは、2012年10月2~6日に幕張メッセで開催された「CEATEC JAPAN 2012」において、「UV-A(約315~400nm)」と「UV-B(約280~315nm)」という2種類のUV(紫外線)を別々に測定できるセンサを展示した。同様の機能を持つセンサは、これまでのCEATECでも展示していたが、今回はSiフォトダイオードをベースにした構造にすることで、「より安価にできる可能性があるなど、実用性が高まった」(同社の説明員)。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【日経デジタルヘルス・セミナー】

次世代がん診断サミット2015
~「超早期」への破壊的イノベーション、始まる~


1滴の血液や尿、呼気などといった容易に取得できる生体試料からがんの兆候を捉えるといった破壊的イノベーションの最新動向や、それらのイノベーションがもたらす医療のパラダイムシフトなどについて一望できるプログラムを用意しました。詳細はこちら

日時:2015年9月2日(水)10:00~17:00
会場:富士ソフト アキバプラザ(東京・秋葉原)

お知らせ

日経デジタルヘルス Special

記事ランキング