家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

富士フイルム、ミラーレス機もコンパクト機も高級路線を加速

久米 秀尚=日経エレクトロニクス
2012/10/10 05:00
印刷用ページ
図1 富士フイルム 代表取締役会長・CEOの古森重隆氏(右)とCMに出演する女優の真木よう子さん(左)
図1 富士フイルム 代表取締役会長・CEOの古森重隆氏(右)とCMに出演する女優の真木よう子さん(左)
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 富士フイルムは2012年10月9日、デジタル・カメラの高級機種「Xシリーズ」の新製品発表会を開催した。新製品は、同社のミラーレス・カメラの第2弾製品「FUJIFILM X-E1」と、コンパクト型デジタル・カメラの高級機「FUJIFILM XF1」の2機種である。いずれも、「年間30万台を販売目標としている」(同社)という。

 「スマートフォンの普及が急速に進みコンパクト型デジタル・カメラのローエンド機種に大きな影響を与えている。一方で、レンズ交換式カメラやレンズ一体型の高級機の市場ニーズはむしろ高まっている」――。

 新製品発表会で登壇した同社 代表取締役会長・CEOの古森重隆氏は、デジタル・カメラ業界の現状をこう説明した(図1)。「我々は、この高級分野に向けて新製品を投入する」(同社)と意気込む。

ファインダーに違い


 X-E1は、同社が2012年2月に発売した「FUJIFILM X-Pro1」に次ぐミラーレス・カメラ(図2、3 Tech-On! 関連記事1)。2012年11月17日の発売を予定する。価格はオープンで、想定実売価格は9万円前後である。

 X-Pro1との最大の違いは、ファインダー部にある。X-Pro1では、光学式ファインダー(OVF:optical view finder)と電子式ファインダー(EVF:electric view finder)の両方を備える「ハイブリッドビューファインダー」を採用していた。これに対してX-E1ではEVFのみを搭載する。EVFのパネルは有機ELで、0.5型で約236万画素品である。

 コンパクト型デジタル・カメラの高級機であるXF1は、同年11月3日の発売予定( Tech-On! 関連記事2)。価格はオープンで、想定実売価格は5万5000円前後の見込み。指で繰り出すマニュアル式ズームを搭載した。広角端でF値が1.8と明るい大口径レンズを使いながらレンズ格納時の本体の厚さを33mmに抑えた。

図2 「FUJIFILM X-E1」(下)と「FUJIFILM XF1」(上)
図2 「FUJIFILM X-E1」(下)と「FUJIFILM XF1」(上)
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図3 XF1を持つ真木よう子さん
図3 XF1を持つ真木よう子さん
[クリックすると拡大した画像が開きます]
【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング