• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > IntersilがOR接続用FET制御ICを発売、動作電圧範囲は+1~20V

IntersilがOR接続用FET制御ICを発売、動作電圧範囲は+1~20V

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2012/10/09 23:09
  • 1/1ページ
 米Intersil社は、OR接続(オアリング)に向けたMOSFET制御IC「ISL6146」を発売した。N+1の電源冗長化に向ける。従来はダイオードを使って、ある電源が故障した際に、そのほかの電源から電力が逆流してしまうことを防いでいた。しかし、電源電圧の低下とともに、ダイオードの順方向電圧降下による電力損失が無視できなくなってきた。そこで、ダイオードの代わりに、MOSFETと制御ICの組み合わせの採用が始まっている。今回のICはそうした用途に向けたものだ。nチャネルのパワーMOSFETと組み合わせて使う。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓