家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

スマホ全6機種が76MbpsのAXGPサービスに対応、ソフトバンクモバイルが冬・春モデルを発表

佐伯 真也=日経エレクトロニクス
2012/10/09 18:02
印刷用ページ
図1 新製品発表会では、CMキャラクターが集合。左からELT(Every Little Thing)の伊藤一朗さんと持田香織さん、ソフトバンクモバイルの孫正義氏と、上戸彩さん、樋口可南子さん、カイ君、ダンテ・カーヴァーさん。
図1 新製品発表会では、CMキャラクターが集合。左からELT(Every Little Thing)の伊藤一朗さんと持田香織さん、ソフトバンクモバイルの孫正義氏と、上戸彩さん、樋口可南子さん、カイ君、ダンテ・カーヴァーさん。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図2 スマートフォンの新製品6機種は、下りのデータ通信速度は76Mビット/秒のSoftbank 4Gに対応
図2 スマートフォンの新製品6機種は、下りのデータ通信速度は76Mビット/秒のSoftbank 4Gに対応
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図3 「PANTONE6」は「世界最多」(ソフトバンクモバイル)となる25色展開
図3 「PANTONE6」は「世界最多」(ソフトバンクモバイル)となる25色展開
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図4 従来型の携帯電話機「PANTONE WATERPROOF」は、防水と防塵対応に
図4 従来型の携帯電話機「PANTONE WATERPROOF」は、防水と防塵対応に
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図5 デジタル・フォトフレーム「PhotoVision TV」はフルセグの視聴が可能
図5 デジタル・フォトフレーム「PhotoVision TV」はフルセグの視聴が可能
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 「全機種が『SoftBank 4G』に対応する」――。

 ソフトバンクモバイルは、2012年冬~2013年春商戦向けの携帯電話機の新製品を発表した。同社で代表取締役社長を務める孫正義氏が、目玉として打ちだしたのが、「TD-LTEと完全に互換する」(同氏)という、AXGP(Advanced eXtended Global Platform)を利用した通信サービスであるSoftbank 4Gへの対応である。

 発表されたスマートフォンの新製品は、「AQUOS PHONE Xx 203SH」と「PANTONE6 202SH」(共にシャープ製)、「ARROWS A 201F」(富士通モバイルコミュニケーションズ製)、「STREAM 201HW」(中国Huawei Technologies社製)、RAZR M 201M(米Motorola Mobility社製)、HONEY BEE 201K(京セラ製)の6機種。そのすべてが、下りのデータ通信速度は76Mビット/秒のSoftbank 4Gに対応する。ソフトウエア基盤はすべて、米Google社のAndroid。バージョンは、STREAMとRAZR Mが4.0、その他4機種が4.1である。

 ソフトバンクモバイルでは、2.1GHz帯を用いてデータ通信速度が最大で75Mビット秒であるFDD-LTEを利用した通信サービス「SoftBank 4G LTE」を、米Apple社の「iPhone 5」向けに提供中である。2012年3月末には、SoftBank 4G LTEの基地局の数は「2万に達する予定」(同社の孫氏)。子会社化したイー・アクセスが提供する1.7GHz帯を用いたFDD-LTEサービスの基地局を合わせると、「3万になる」(同氏)予定だ。これらに、無線LAN接続サービスを組み合わせることで、「世界最高水準のネットワークを提供していく」(同氏)。

フルセグ対応のフォトフレーム

 2012年冬~2013年春商戦向けの新製品では、従来型の携帯電話機として8色展開の「PANTONE WATERPROOF 202SH」(シャープ製)を発表した。PANTONEシリーズとして初めて、IPX5/IPX7相当の防水性能、IP5X相当の防塵性能を備える。ワンセグとカメラが非搭載である法人向けの「PANTONE WATERPROOF 202SH for Biz」(シャープ製)も用意する。

 デジタル・フォトフレームの新製品では、中国Huawei Technologies社製の「PhotoVision TV 202HW」が発表された。12セグメント放送(フルセグ)に対応したのが特徴である。

 スマートフォン6機種、従来型の携帯電話機2機種、デジタル・フォトフレーム1機種の9機種に、ウォルト・ディズニー・ジャパンとの協業による「ディズニー・モバイル・オン・ソフトバンク」のスマートフォン2機種を合わせた11機種が、ソフトバンクモバイルの2012年冬~2013年春商戦向けのラインアップとなる。2012年10月10日以降、順次発売される予定である。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング