お薦めトピック

日立と順天堂、医療・ヘルスケア分野の共同研究推進に向け包括連携協定を締結

2012/10/09 11:00
小谷 卓也=日経エレクトロニクス 兼 デジタルヘルスOnline

 順天堂大学と日立製作所は、医療・ヘルスケア分野の共同研究を推進するため、包括連携協定を締結した。人材交流や相互の研究施設を活用した連携などを進める。臨床現場のニーズに即した先端技術の開発と実用化を目指す。日立製作所にとっては、初めて医療系大学との包括連携協定になる。

 順天堂大学における臨床現場のニーズと、日立製作所の医用技術や情報技術などを組み合わせる。研究開発のテーマは、大きく3分野。超早期診断や治療を目指す「先制医療」、個人の体質に合った負担の少ない効果的な治療を目指す「超個別化医療」、治療法を確立し新たな治療機会の創出を目指す「高度医療」、である。

 推進体制としては、「連携協議会」を設置して共同研究テーマの選定や研究進捗の管理を行う。共同研究テーマの選定に当たっては、両者が参加する「ワークショップ」を開催し、テーマの探索に向けた情報交換を推進する。研究者や学生の相互派遣による学術交流と人材育成、研究施設の相互利用を通じた研究拠点の構築も進める予定である。

【日経デジタルヘルス・セミナー】

次世代がん診断サミット2015
~「超早期」への破壊的イノベーション、始まる~


1滴の血液や尿、呼気などといった容易に取得できる生体試料からがんの兆候を捉えるといった破壊的イノベーションの最新動向や、それらのイノベーションがもたらす医療のパラダイムシフトなどについて一望できるプログラムを用意しました。詳細はこちら

日時:2015年9月2日(水)10:00~17:00
会場:富士ソフト アキバプラザ(東京・秋葉原)

お知らせ

日経デジタルヘルス Special

記事ランキング