お薦めトピック

京都大学 山中伸弥氏にノーベル生理学・医学賞、iPS細胞で

2012/10/08 18:55
野澤 哲生=日経エレクトロニクス
 スウェーデンKarolinska Institutet(カロリンスカ研究所)のNobel Forumは2012年10月8日、2012年のノーベル生理学・医学賞の受賞者を発表した。受賞したのは、英University of Cambridge、Gurdon Institute、Distinguished Group LeaderのJohn Bertrand Gurdon氏と京都大学 教授でiPS細胞研究所所長の山中伸弥氏。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【日経デジタルヘルス・セミナー】

次世代がん診断サミット2015
~「超早期」への破壊的イノベーション、始まる~


1滴の血液や尿、呼気などといった容易に取得できる生体試料からがんの兆候を捉えるといった破壊的イノベーションの最新動向や、それらのイノベーションがもたらす医療のパラダイムシフトなどについて一望できるプログラムを用意しました。詳細はこちら

日時:2015年9月2日(水)10:00~17:00
会場:富士ソフト アキバプラザ(東京・秋葉原)

お知らせ

日経デジタルヘルス Special

記事ランキング