• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり > テクノスター、プリ/ポスト・プロセッサの次期版を開発、RDBを徹底活用

テクノスター、プリ/ポスト・プロセッサの次期版を開発、RDBを徹底活用

  • 木崎 健太郎=日経ものづくり
  • 2012/10/05 19:06
  • 1/1ページ
 テクノスター(本社東京)はCAEのプリ/ポスト・プロセッサ「Jupiter(仮称)」を開発中であることを明らかにした。現行のツール「TSV-Solutions」の後継になる製品で、2012年10月にパイロット版を公表し、その後アルファ版、ベータ版を経て2013年12月にバージョン1.0を発売する計画。リレーショナル・データベース(RDB)を活用し、解析モデルや条件などの管理を強化するほか、CADとの連携を容易にし、使い勝手も向上させる。
【技術者塾】(6/9開催)
「製品の差異化」はこれでうまくいく

~顧客ニーズと設計のギャップを埋める技術~


実務経験豊富な講師が、優れた「製品の差異化」を実現する具体的な方法を解説します。また、この取り組みの骨格とも言えるQFD(Quality Function Deployment:品質機能展開)のうまいやり方、コツを分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年6月9日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経ものづくり

おすすめ