設計力向上 開発手法と支援ツールの動向・事例
 

テクノスター、プリ/ポスト・プロセッサの次期版を開発、RDBを徹底活用

木崎 健太郎=日経ものづくり
2012/10/05 19:06
印刷用ページ
 テクノスター(本社東京)はCAEのプリ/ポスト・プロセッサ「Jupiter(仮称)」を開発中であることを明らかにした。現行のツール「TSV-Solutions」の後継になる製品で、2012年10月にパイロット版を公表し、その後アルファ版、ベータ版を経て2013年12月にバージョン1.0を発売する計画。リレーショナル・データベース(RDB)を活用し、解析モデルや条件などの管理を強化するほか、CADとの連携を容易にし、使い勝手も向上させる。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS
製造業IT:日経テクノロジーオンライン × ITpro Active

お薦めトピック

記事ランキング