• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > Analog Devices、傾斜センサーに使える3軸MEMS加速度センサーICを発売

Analog Devices、傾斜センサーに使える3軸MEMS加速度センサーICを発売

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2012/10/05 18:47
  • 1/1ページ
 米Analog Devices社は、傾斜センサーに使える3軸MEMS加速度センサーIC「ADXL350」を発売した。特徴は、全動作温度範囲(-40~+85℃)にわたるオフセット温度特性の最小値/最大値を規定したことだ。X軸とY軸のオフセット温度特性の最小値/最大値は±0.31mg/℃、Z軸は±0.49mg/℃である(gは重力加速度)。同社によると、「既存のMEMS加速度センサーICの多くは、オフセット温度特性の標準値しか規定しておらず、高精度な加速度測定が求められる傾斜センサーなどの用途では、オフセット温度特性のキャリブレーション(校正)が不可欠だった」という。発売したICを使えば、キャリブレーションを実行しなくても、高い精度で加速度を測定できる。環境監視装置などの産業用電子機器や、医療用電子機器、民生用電子機器などに向ける。
【技術者塾】(5/26開催)
シミュレーション要らずの熱設計・熱対策

~熱を電気回路に見立てて解析、演習で応用力アップ~


本講演を受講すると、シミュレーションに頼らない実践的な熱対策・熱設計ができるようになります。演習を通して実際に熱を解析し、熱設計への理解を深められます。現場で応用できる熱解析ツールを自分で作成できるようになります。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月26日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ