• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > 【FPDI 2012】スマホ用パネルのフルHD対応が本格化、ジャパンディスプレイも5型品を量産開始

【FPDI 2012】スマホ用パネルのフルHD対応が本格化、ジャパンディスプレイも5型品を量産開始

  • 佐伯 真也=日経エレクトロニクス
  • 2012/10/05 12:50
  • 1/1ページ
ジャパンディスプレイの開発品
ジャパンディスプレイの開発品
[画像のクリックで拡大表示]

 ジャパンディスプレイは5型で1920×1080画素のスマートフォン用液晶パネルを、2012年10月に量産開始する(ニュース・リリース)。精細度は443ppiである。仕様が同じ液晶パネルは、シャープが2012年9月末に量産を開始したばかりである他(Tech-On!の関連記事1)、韓国LG Display社も2012年下期の量産を計画している(Tech-On!の関連記事2)。スマートフォン用液晶パネルのフルHD対応が、一気に加速しそうだ。

 ジャパンディスプレイの開発品は、駆動素子には低温多結晶Si TFTを、表示方式にはIPSモードを採用する。コントラスト比は1000対1、視野角は上下、左右共に160度以上(コントラスト比で100対1以上)。色再現範囲はNTSC規格比で71%、輝度は500cd/m2である。パネルの厚さは1.4mm、額縁幅は1.2mmという。

 なお、開発品は2012年10月31日~11月2日までパシフィコ横浜で開催される「FPD International 2012」に出展される予定。

【技術者塾】(7/15開催)
ディスプレーに革新をもたらす「量子ドット」の最新動向


ディスプレーへの応用で注目を集める量子ドット(QD)。QDビジネスに関わる各社の技術の内容や事業戦略、そして、ディスプレーが目指す新たな色の世界と産業の方向について、最新の情報を詳細に解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月15日
会場 : Learning Square新橋 6F(東京・新橋)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓